読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1064680
0
学校では教えない歴史の「その後」
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆最後の江戸幕府将軍 徳川慶喜 大政を奉還した

『学校では教えない歴史の「その後」』
[編]歴史の不思議を探る会 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

愛用のカメラ三台を持ち、趣味に没頭。
子づくりに励む、悠々自適の“余生”を満喫

 

 

 一八六七(慶応三)年十月十四日、徳川十五代将軍慶喜(よしのぶ)は土佐藩が提案した大政奉還(たいせいほうかん)を受け入れ、上奏文を朝廷に奉じた。このとき、慶喜は心底から政権を返上しようとは思っておらず、新政府への参加をもくろんでいたといわれる。しかし、時代の流れは慶喜の思惑とは違う方向へと流れていった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:810文字/本文:1002文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次