読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1065394
0
高学歴男はなぜモテないのか
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「俺は何でも知っている!」という自己顕示欲

『高学歴男はなぜモテないのか』
[著]犬山紙子 [発行]扶桑社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


■屁理屈で女を論破する男
「理屈攻めする男」っていますよね。理屈攻めというか、屁理屈攻めとでもいいましょうか、女性に「どんなタイプが嫌い?」と聞くとかなり上位に挙がるのが、この屁理屈攻めの男です

 一般的に、男性は女性より理屈っぽい傾向にあります。その中でも喧嘩中や会議中などに屁理屈でネチネチ攻める男は、アリナシ以前に「生理的に無理」という評価を下されるんですね。理屈っぽい人って、一見合理的で話し合いが解決に向かいやすそうに見えるけど、実はそんなことはなく、相手の揚げ足をどんどん取り出して、むしろ話し合いが長引いてしまうこともしばしば。

 でもって、屁理屈言ってる間にヘンなアドレナリンが出るのか、自分に酔っちゃうんですよね。「頭のいい俺かっこいー」みたいな。本当に頭のいい人は、もっと効率よく解決に向けて動くはずなんですがね。ほんとは「勘違いしてるお前かっこわりー」です。で、その屁理屈で休みなくまくし立てるものだから、女には反論する余地もなく、何コイツ最悪!ってなるわけです。

 私は理屈攻めする男はちょっとした中2病と思って接することにしています。漫画やゲームのクールで切れ者のキャラクターやライトノベルの主人公を思い浮かべてみてください。彼らは大概、理屈口調なんですよね。で、架空のキャラならまだ格好よさが成り立つんですが、3次元でそれやるとちょっとしたコミュ障。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4720文字/本文:5306文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次