読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1065400
0
高学歴男はなぜモテないのか
2
0
1
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
高収入男の「無敵感」はすべて幻想!

『高学歴男はなぜモテないのか』
[著]犬山紙子 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 この章でのテーマは「高収入男」になります。
「女は高収入の男が好き」これは間違った見解ではないし、大多数の女性がそれを求めているという事実は揺るぎないんですよね。ただ、間違っちゃいけないのは「高収入の男なら全員好きというわけじゃない」ということ。要するに女性が好意を抱かない限り、いくら高収入だと言ってもそこらの男と同じであるということなのです。なかにはごく少数、高収入男なら無条件で好きという女も存在しますが、大半の女性は、その他もろもろの要素(顔、性格、安定性、誠実さ、周りの環境、趣味etc)と絡み合わせて男を好きになる──まぁ、当たり前の話っちゃ当たり前の話なのです。

 が、高収入男にはキムタクばりに無双状態だと勘違いしている人が多数見られるんですよ……。これは調子こいたイケメンと同じなのですが、「〈お前ら俺みたいな金持ち好きだろ?〉という目線でグイグイ高圧的にこられて困る」という数々のブーイングが、世の女性たちから私のもとに届いているんですね。諭吉パワーをそこまで信用しちゃあいけないのです。

 よく、金持ちオッサンが女を食事に誘ってはセクハラまがいのことを強要する事件が勃発していますが、高い飯を好きでもないオッサンと食べるってまったく嬉しくないですからね。この飽食の時代、オッサンとの高い飯をありがたがる女性なんて絶滅危惧種でございます。オッサンと書きましたが、若くとも好きじゃない男と2人で食事も同様。じゃあ、なんで食事に行くんだよという声も上がってくると思いますが、そんなの「5回断ったからそろそろご飯ぐらい行かないといけないのかな……」と思ってしまう義理、これに尽きるのです。

 今、女性たちの中で「理系男子がねらい目だ」「オタク男子がねらい目だ」という記事がよく出回っていますが、これも「オラオラの金持ちではなく、誠実そうな金持ちがいい」という風潮からくるものだったりします(ただ、「理系だから」「オタクだから」という決めつけもただの理想論なので、それを盲信してしまう女性に未来はないですが)。

 では、なぜ高収入男性がこんなにも調子こいてしまうのか。それは女性にチヤホヤされる前に、「高収入への憧れ」が強い男性社会の中で、男同士の戦いの中で勝ち、それを成し遂げたことが自分への高評価に繋がっているからなんですよね。実際こういったタイプの男性には、「女性にモテる」ということを対男性アピールの道具にしている人も多いとよく感じます。今まで抱いてきた女の数と質を自慢するタイプはまさにこれ。そして、同性に自慢するには「オラオラで行ったら女は落ちる」と言ったほうが(誠実に口説いたというよりも)聞こえがいい。そんなメンタリティの男性の被害に遭った女性が続出中というわけです。

 とにかく、そういった「俺は帝王」気質の男たちが醸し出す、女がチヤホヤしなきゃいけない空気は超迷惑! 「オーラがすごいです〜」なんてヨイショを真に受けて喜んでる様も滑稽! カネが有り余ってるんなら、クラブでチヤホヤされてこいって話なのですよ。

 そんなわけで自分のことを「無敵」と思っている高収入男性が、実は裏で「ウザい」と言われている現実を受け止めていただきたく、ここからは実例を紹介していきましょう。

 やっぱりなるべくなら「ウザい」だなんて言われないほうがいいですものね……!


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1383文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次