読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1065402
0
高学歴男はなぜモテないのか
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「もっと俺をチヤホヤしろ!」という甘え

『高学歴男はなぜモテないのか』
[著]犬山紙子 [発行]扶桑社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


■「過去の栄光」を語る男

 私の知り合いにK君というイケメン広告代理店勤務(34歳)がいるのですが、彼には酒が入ると「過去の栄光」を語り出すという痛いクセがあります。
「俺、社内コンペで優勝したことあるんだよね。っていうか新入社員のときだけど(いちいち倒置法で新入社員の頃アピール)。なかなかアイディアの降りない企画考えるときは、俺子供の頃のこと思い出すようにしてるんだよね(なんでインタビュー口調なんだよ)。あのときはそれで、車をミニカーに見立てたら面白いんじゃないかって閃いて。あのときの俺マジグッジョブ!(今のお前マジ痛男!)」

 ちなみに私この話3回は聞いてるんですが、最初は優しく相槌を打ち、2回目はわざとらしく拍手しながら「すげ! 今世紀一番の天才じゃね?」と煽り(でもK君怒るどころか真に受けていた)、今となってはその陶酔しきった顔を隠し撮りして暇を潰しております。以前ネットで、「IT系の人は話すときろくろを回す」というのが話題になってましたが、K君も大体ろくろを回してますね。

 で、このK君、余計痛いのが素面のときの「俺なんかまだまだっス!」って態度。あの話を聞いたあとじゃ、「仕事もできるイケメンなのにへりくだってる俺かっけー」って気持ちが透けて見えるし「いやいやK君はすごいじゃん!」って言わせたい気持ちも伝わってきて、死んでも褒めてやんないって気持ちになるんですよね。よく、※ただしイケメンに限る、と言われてるけど、過去の栄光話はイケメンのほうが1ミリもかわいげがない分イラっときます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5327文字/本文:5979文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次