読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1065575
0
丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【中米諸国は「向こう三軒両隣」】

『丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜』
[著]足立力也 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 中米では、全体をひとつの国にすべきだというボリバル的な連邦主義の考えが強く存在してきた。そもそも、現在の中米の基本的な形は、スペイン植民地時代に出来上がっている。スペインは16世紀にこの大陸に入植してから、現在のメキシコ南部・チアパス州からコスタリカまでを「グアテマラ総督領」として支配していたからだ。その上で、チアパス(現メキシコ領)、グアテマラ(現ベリーズを含む)、エルサルバドル、ホンデュラス、ニカラグア、コスタリカの各州に分けていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:576文字/本文:798文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次