読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1065582
0
丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【コスタリカは、「民主主義という平和」を輸出している】

『丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜』
[著]足立力也 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 コスタリカには、自国の民主主義に対して強い誇りを持っている人が多い。政治活動は非常に盛んで、地域政党を含めると、人口450万人強の国に50以上の政党がある。国会議員選挙はブロック比例代表制なので、地域政党でも国会に代表を送り込む余地がある。また、少数意見を反映させるため、ドント式で1議席に満たない得票でも、一定程度の得票があれば議席を得られる仕組みになっている。

 コスタリカの選挙行政システムは、ちょっと変わっている。日本でいう選挙管理委員会にあたる組織は、「選挙最高裁判所」と名づけられている機関だ。この組織は、司法、立法、行政の三権いずれからも独立した「第四権」の地位を得ている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1549文字/本文:1843文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次