読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1065591
0
丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【「否定の否定」ではなく「肯定の肯定」】

『丸腰国家〜軍隊を放棄したコスタリカ60年の平和戦略〜』
[著]足立力也 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 さて、コスタリカで平和とは何かを訪ね歩くうち、いくつかの日本との違いに気がついた。

 一つ目は、肯定的なイメージが多く出てくることである。平穏、自由、民主主義、文化、尊厳、環境など、一見それ自身は何ら価値を持たない言葉で平和を定義しているようだが、そこには常に前向きな方向性が含まれている。より平穏に、より自由に、より民主主義的に、より尊厳を持って、より豊かな環境の中で生きる文化を、常に求めていこうとする思想が、その底には流れているのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1225文字/本文:1445文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次