読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1065741
0
人は「暗示」で9割動く!
2
0
2
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに デキる人がこっそり使っている「心理誘導」のルールとは?

『人は「暗示」で9割動く!』
[著]内藤誼人 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ



◆どんな人とも、良好なコミュニケーションをとれるようになる

◆人をスムーズに説得できる

◆衝突せずに、賢く意見を通せるようになる


 こんな方法があったら、ちょっと試したくならないだろうか。


 コミュニケーションにまつわる悩みは尽きない。


 どんなに論理的に話しても、キチッと意見を言っても、相手がいっこうに耳を傾けてくれない。


 悪くすると反発されてしまい、上手にコミュニケーションをとれない。


 ましてや人を動かすなんて、カリスマ性がなければ無理だろう……。


 こう思ってしまうのは当然である。


 そこで、「暗示コミュニケーション」の登場である。


 これは「言葉づかい」「表情」「しぐさ」にちょっと気を配るだけで、人に好かれながら「あらゆる場面」でスイスイと人を動かしてしまう心理術だ。


 意識して行っているのか、あるいは数多くの経験をもとに自然と行っているのかは別として、実は、デキる人の多くが「暗示コミュニケーション」を実践している。


 もしかしたら、暗示という言葉に違和感を覚えたり、難しそうと感じる人もいるかもしれないが、そもそも会話には多くの「暗示」が含まれており、あなたのホンネは丸見えなのだ。


 私たちが想像する以上に人の心は微妙で、うつろいやすい。


 ちょっとした言動で心が波立ったり、おだやかになったりするものだ。


 だからこそ、


 「わかってほしいこと」ほどズバッと言うな!


 このルールを忘れてはいけない。


 さもないと人間関係にヒビが入り、話を聴いてもらえなくなる。


 人に好かれて、仕事も人生も楽しむには、「暗示コミュニケーション」の存在に気づき、一刻も早く実践することである。


 なお、「暗示コミュニケーション」は、人を催眠にかけて騙す方法ではない。


 ちょっぴり、こっそり「心理誘導」してみたい人のための、ポジティブなコミュニケーション入門である。


 誰でも使える技法であるから、気軽な感覚で使ってほしい。


 私自身、本書で心理学上の難しい話をするつもりはない。


 ましてや理論的な話を展開する気など微塵もない。


 もともと私は普通の心理学者がやるような「暗示とはなんぞや」という言葉の定義だけで何十ページも費やすような話や、「無意識とは何ぞや」という哲学的な議論も苦手である。


 それよりも、人とのコミュニケーションの出発点として、どういう言葉がNGなのか、なぜそういう言葉は危険なのかを、心理学的見地からわかりやすく分析していく。


 また、単なる言葉に留まらず、どういう表情、しぐさが人間関係を円滑にするのかもあわせて考えていきたい。


 「こちらの熱意を感じて、相手が自分を受け入れてくれる」


 「強引に説得しなくとも、自分の話にうなづいてくれる」


 本書で紹介する「暗示コミュニケーション」を使って、こうした効果を実感していただければ幸いである。


 技術的なお話を中心にした気楽な読み物であるから、肩の力を抜いて、どうか最後までおつき合い願いたい。

著者
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:1214文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次