読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1065868
0
<40男>はなぜ嫌われるか
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
40男の困惑

『<40男>はなぜ嫌われるか』
[著]田中俊之 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここまでファッション、仕事、あるいは男女の関係性といったさまざまな角度から、僕ら40男の持つリアリティと置かれている現実のギャップについて考えてきた。目を逸らしたかった現実もあるとは思う。

 それでも、ここで直視しなければ、年を重ねるうちにさらに周囲から浮くことになる。ただ年上というだけで空威張りをしているおじさん、相手が本気で嫌がっていることを理解せずにセクハラをするおじさん。若い頃、彼らを見てどのように感じていたかを、もう一度、思い出してみて欲しい。

 40男の勘違いは、他人に迷惑をかけるだけではない。何よりリアリティと現実のギャップは、僕ら自身の「生きづらさ」に直結している。自分の置かれた立場を客観視できないから、雲をつかむような手ごたえのない毎日を送っているのだ。厳しい現実を見なかったことにして、せっかく開いた扉を閉じてはいけない。

 そもそも、ここまでの話は、40男を責めるために書かれたのではない。ましてやバカにしているわけもない。あくまで、四〇年の間に徐々に蓄積していった歪みを矯正して、これからの僕らの人生を清々しいものにしていきたいという願いが込められている。





 どうして僕ら40男はこれほどまでにズレてしまったのだろうか。ここまで読み進めた上で、まだ自分だけは特別な存在だと信じ、世に自分の力を知らしめたいと思っているのだとすれば、自業自得という気がする。かける言葉が見つからない。どうかこれからも頑張って生きていって欲しい。

 自分のズレ具合に疑問を持ち、改善していこうとする40男と僕は共に歩んで行きたい。

 40男の抱えている問題は、育ってきた時代状況や世代としての共通の経験、それに加えて年齢を重ねたことで否応なしに発生した側面がある。決して、自分たちのせいだけではない。40男にだって言い分はある。

 人生八〇年と考えた場合、四〇歳はちょうど人生の中間地点だ。もうすでに残り半分まできた。冷静に自分の歩んできた道を振り返り、これから先の人生の足掛かりを得るにはいい機会である。

 学校を卒業して働き始めると、学生時代のように入学や卒業といった明確な区切りがあるわけではない。成人式だってとっくに終わってしまっている。だから、一緒にここでひとまず立ち止まってみよう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:945文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次