読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1066214
0
アメリカ人は嘆く われわれはどこまでバカか?
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
★移民国・アメリカをひとつにしたジョージ・ワシントンの神話

『アメリカ人は嘆く われわれはどこまでバカか?』
[著]リック・シェンクマン [訳]和田まゆ子 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 神話は、アメリカ合衆国誕生の頃から、政治に役割を()たしてきた。

 建国の頃、アメリカ人を、民族として一つにしたのが、「ジョージ・ワシントンの神話」だ。

 国の組織が弱く、伝統もない国では、ワシントンの神話は欠かすことのできないものだった。たとえ神のような人物でなかったとしても、人々はかまわず崇拝したことだろう。

 独立革命から南北戦争の頃まで、アメリカ人は、熱心に神話づくりに取り組んだ。登場人物は、実際よりも大きく立派に(えが)かれた。とくに有名になったのは、ベン・フランクリン、デービー・クロケット(西部開拓者、政治家)、エイブラハム・リンカーンなどの伝記だ。

 アメリカ人は、そうした偉人の物語を語り合い、子どもたちに聞かせた。その行動を国づくりとは呼ばないが、していることは、たしかに国づくりだった。神話を通じて、アメリカ人とは誰であるか、どういう価値観を持っているかを、定義した。

 アメリカという共通の先祖や部族の結びつきがない移民の国では、アメリカ神話は、とくに重要だった。出自(しゅつじ)の違う人々全員が共通して持っていたのは、それだけだったからだ。

 一七九〇年代や一八〇〇年代前半、政治が少数のエリート、つまり白人の資産家によって支配され、一般大衆には選挙権がなかった時代にも、神話の力は強かった。要するに、いかなるときにも、大衆は神話を好むのだ。

 建国の父たちも、神話の魅力に気が付いていた。ただし、おそらく、つむじ曲がりのジョン・アダムズ(第二代大統領)は(のぞ)かれる。人々の陽気な神話づくりは、あまりにも荒唐無稽、と一蹴(いっしゅう)している(彼の貢献が、過小評価されていたから機嫌が悪いという説もある)。

 一八三〇年代、財産がなくても、民衆も投票できるようになった。このとき、間違いなく、神話こそが、政治を()し進める力となった。

 それ以前は、政治家は人々の前で争点を、詳しく、高度な内容の話題も取り上げながら論じたものだったが、このときから、神話に(うった)えることが多くなっていく。とりわけ近代、神話は非常に重要だった。というのも、さまざまな情報が錯綜(さくそう)し、迷いそうになった有権者にとっては、神話は、道標(みちしるべ)だったからだ。

 この本で取り扱っている、政治に関する問題点の多くは、「一部の人間ではなく、大衆が、直接、選挙に参加すること」から派生する。

 大衆を、広範に及ぶ真剣な討論に引き込むのは難しいとして、政治家は、虚像、スローガン、歌、灯火パレード、美辞麗句(びじれいく)の雨あられなどを活用するようになった。

 人を注目させ、感心させるため、球状に固めた大きなチーズを、ホワイトハウスに向けて転がして歩いた超党派のグループさえいた。

 だが、何よりも政治家が活用したのは、神話だ。

 いかにもアメリカ的な仕掛けをほどこせば、有権者の耳には、音楽のように美しい響きとなって届く。

 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1218文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次