読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1066923
0
<島津一族と戦国時代>豪胆なる撤退戦 関ヶ原合戦「島津の退き口」
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
外交の勝利、旧領安堵

『<島津一族と戦国時代>豪胆なる撤退戦 関ヶ原合戦「島津の退き口」』
[著]永岡慶之助 [発行]学研


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 義弘が関ヶ原で死闘している間に、九州にも変転があった。日向は島津氏の勢力範囲にあり、小大名のほとんどが西軍に加わっていたが、((の伊東(すけ(のりは、東軍に寝返って高橋元種の延岡城をはじめ、諸県郡や(((はらの島津領を攻略したのである。ところが延岡城の高橋元種も、美濃大垣城を守っていた時、肥後人吉の相良(さがら(なが(つね(頼房)や秋月種長と共に、他の西軍守将を殺害し東軍に寝返っていたのだから、伊東祐慶は同士討ちをしたことになる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:609文字/本文:840文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次