読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067168
0
校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「警察が入ったことは残念」(嘉田由紀子滋賀県知事)

『校内犯罪(いじめ)からわが子を守る法』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 最後に権力者の妄言を一つだけ。
「学校の問題は学校で解決する自治がある中で、警察が入ったことは残念だ」

 これは、世論に押された警察が学校に捜査に入った際の、嘉田(かだ)由紀子滋賀県知事の発言です。学校は治外法権ではありません。この知事の感性こそが、学校が無法地帯であり続ける最大の理由であり、大津いじめ自殺事件を巡る妄言の中でも、群を抜いた最低の発言です。

 教師に相談して無視された被害者が自殺した、大津の事件を受けて、「相談して」と発言した野田総理や、学校や教育委員会が隠蔽していた事実を受けて、「学校が悪い誰が悪いと言っている場合じゃない」とした「日教組のドン」輿石東(こしいしあずま)民主党幹事長の発言が、政治家のバカ発言として目立ち過ぎたせいで、嘉田知事の発言は問題になりませんでしたが、こちらの方が本質的な意味で悪質です。

*   *   *


 どうして、これほど低レベルな発言が繰り返されるのか。それはいじめの実態を、私も含めて誰も知らないからです。そう、文部科学省のいじめ統計がまったくのデタラメ統計であるせいで、個々の事実は判っても全体としてどうなっているのかは、今のところ誰にも判らないのです。次章ではその点を掘り下げて考えてみたいと思います。

資料1 問題行動を起こす児童生徒に対する指導について
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4744文字/本文:5299文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次