読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067257
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜ、守護職就任を受諾したのか

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それにしても、強諫(きょうかん)したとはいえ、二家老もこれ以上の諫言はしていない。逃げる手段はまだ、ほかにもあったように思えるのだが。

 なぜ、さらなる工作や逃げを打たなかったのであろうか。

 一つ引っ掛かることがある。家老の西郷頼母が、養子として会津松平家に入った容保よりも、藩祖・保科正之の流れをくんだ人物であったことだ。

 保科正之は、信州高遠藩の保科正光の養子となって世に出たが、この正光の従弟(いとこ)に保科正近(まさちか)という人物がおり、彼はのちに会津藩主保科家の分流として会津に入り、藩筆頭の名門として藩政の中軸を担った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1555文字/本文:1822文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次