読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067262
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
前将軍・慶喜のもくろみ

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 会津藩の不可解さに比べれば、慶喜の“無策”には、討幕派のクーデターが表面上成功してもなお、巻き返して自らが最終的勝利者となれる、という揺るぎない自信が垣間見えた。

 確かに、クーデターの成功によって幕府は否定され、王政復古は宣言される。

 しかしながら、慶喜のもつ実力は、支配地にして日本の四分の一=実質四百万石にも及び、その強大な兵力は、薩長同盟の軍事力を大きく上回っていた。こうした“力”による潜在的な威力は、政権を委譲してなお、三百諸侯に大きな影響力を保持していたはずだ。

 四百万石の実力をもつ徳川家に対して、朝廷は三万百十三石の領土的基盤しかなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1970文字/本文:2249文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次