読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067265
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
奥州大藩の思惑

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 もっとも、新政府だけではなく、旧幕府も、奥羽越の諸藩も、鳥羽・伏見の戦い以後の政局を、各々の思惑で解決しようとした。

 たとえば新政府は、奥州最大の仙台藩六十二万五千石に対して、
「其藩(仙台藩)一手ヲ(もっ)テ本城(会津若松城)ヲ襲撃、(すみやか)ニ可奏追討之功旨御沙汰候事」

 と、再三の命令を発していた(『仙台戊辰史』)。王命さえ下せば、奥州一の大藩である仙台も軽々と動く、との思い込みが新政府にはあった。

 ところが、突きつけられた仙台藩にも、お家の事情があったのである。第一に凶作と蝦夷地防衛のための出兵、沿岸防備にも軍費は(かさ)み、藩も領民も疲弊の(きわみ)に達していた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1590文字/本文:1884文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次