読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067267
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
仙台藩の正義

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 閏四月十九日、世良は同じ参謀で秋田にいた大山格之助に宛てて、密書をしたためた。

 この密書には、米沢と仙台の会津救済を陰謀と決めつけ、このうえは、「奥羽皆敵ト見テ逆撃之大策」に踏み切らねばならない、という決意が述べられていた。

 密書の使いには、福島藩の足軽・鈴木六太郎が任じられたが、この大切な密書は、仙台藩士・瀬上主膳(せがみしゅぜん)姉歯武之進(あねはたけのしん)らの手に渡ってしまう。彼らは奥羽鎮撫総督府によって、奥州の大藩としてのプライドを日々傷つけられており、世良の暴慢さに我慢できなくなっていた。

 そして、この密書の激越な内容が、彼らの背中を激しく押すこととなる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2035文字/本文:2324文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次