読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067271
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
見切り開戦と相次ぐ誤算

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 たとえば、「白河の処置」――白河を奥羽越列藩同盟の、絶対防衛の要と考え、会津・仙台・二本松の諸藩が大挙出動するとあり、あわせて会津は田島・日光口から関東に出撃して、旧幕府陸軍とともに宇都宮を奪回し、江戸に進攻するとある。

 が、その具体案が皆目、示されていなかった。兵站(へいたん)に関する覚書もない。これでは現実的な戦術とはいえず、願望、夢の中のプランといわれても致し方なかったろう。

 さらに、「庄内の処置」については、庄内と米沢の両藩が担当し、奥羽鎮撫総督の澤副総督を米沢に迎えて、ここにも錦の御旗を立てる、とあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1659文字/本文:1920文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次