読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067273
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
山本覚馬の役割

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 この梶原の手足となって、長崎、兵庫、京都、江戸に神出鬼没の活躍をした人物に、山本覚馬がいた。本書第二章の主役、山本八重の実兄である。

 山本家は三代藩主・松平正容(まさかた)のおりに、側用人(そばようにん)支配として取り立てられた、山本佐平(良永)という人が家祖で、その父・山本道珍(良次)は百五十万石取りの茶道頭として、保科正之に仕えていた。佐平は別に、分家を立てたようだ(『諸士系譜』)。

 その後、会津藩砲術師範を代々つとめるようになった山本家(上士黒紐席(くろひもせき))に、文政十一年(一八二八)正月十一日に生まれたのが覚馬であった。

 若い頃は、頭を総髪の大束髪(そくはつ)とし、月代(さかやき)を剃らずに折り目のない袴を履き、木綿のぶっさき羽織を着て、腰には大刀造りの剣を帯び、手には鉄扇をもって、道を闊歩(かっぽ)していたという。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2772文字/本文:3143文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次