読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067282
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
総攻撃と開城

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 九月十四日、新政府軍はついに総攻撃を開始した。

 とはいっても、諸藩連合の将兵が押し寄せるといったものではない。七ヵ所に設置された砲台から、約五十門の大砲が天守閣を中心に、城内へ集中砲撃されるという、苛烈なものであった。付近の樹木は折れ、石瓦は飛び、脚下の砂塵(さじん)はあがり、
「百雷絶えず鳴動する如く」

 城内ではそこここで、死傷者を刻々と増やしていった。

 ただ会津藩も、四斤砲一門を護衛隊と共に豊岡(現・会津若松市城南町付近)に配し、小田山上の敵砲門十五と対峙させていたが、新政府側には最新鋭のアームストロング砲まであった。

 このとき、会津藩の砲撃を指揮したのが、八重とその夫・川崎尚之助であったという。

 新政府軍の総攻撃は九月十四日の早朝六時に始まり、夕刻の六時頃までつづけられた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2757文字/本文:3101文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次