読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067296
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
なぜ、同志社は京都に誕生したのか

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 先発組に首都圏を“占拠”されたため、「横浜」へ入れなかったアメリカン=ボードは、やむなく方針を転換。関西への、新規開拓を企てることになった。

 めざすは開港地の神戸と、居留地として認められていた大坂(川口周辺)。神戸港の開港は、京都をひかえているためなかなか実現せず、ようやく開港に漕ぎつけたのは慶応三年(一八六七)十二月のことであった。

 しかし、この翌年には、鳥羽・伏見の戦いを発端に戊辰戦争が展開され、九月には和暦は“明治”に改元された。グリーン夫妻が来日したのは、明治二年(一八六九)のことであった。

 以来、伝道の遅れをとりかえすべく、次々と宣教師がアメリカン=ボードから送り込まれ、ついには神戸が「母なる拠点」(The mother station)となる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1832文字/本文:2165文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次