読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067297
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
仲のいい夫婦

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 翌明治九年一月二日、八重は洗礼を受け、翌三日に日本最初のキリスト教の結婚式をあげている。新郎は三十四歳、新婦は三十二歳であった。

 新島がたっての願いとして、クリスチャンになってほしい、と八重に懇願したのであろう。婚約から三ヵ月、果たして彼女に敬虔なクリスチャンの信仰心が育っていたかどうか。

 しかしこのとき、八重は手作りのドレスに身をまとったという。

 挙式の当日、式場となったデイビス宅から人力車に相乗りし、帰宅した二人は、日頃の車銭=五銭の倍を支払ったと伝えられている(二人の新居が寺町丸太町上ル松陰町に完成したのは明治十一年九月七日のこと)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1411文字/本文:1685文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次