読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067311
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
勝海舟を感泣させた人妻

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ――木城芳子(きしろよしこ)雅名(がめい)花野(はなの)と称した女性が、幕末・明治を生きた。

 夫の木城安太郎は幕臣であり、無役の小普請組から刻苦して、槍一筋で講武所世話心得となっている。両御番格御書院番に進み、奥詰、御小納戸役と順調に出世、ついには千俵取りの御城御目付に抜擢された。この年、安太郎は四十五歳、花野四十二歳。

 もし、世が泰平であったなら、二人は平凡な幕臣の夫婦として、それなりに恵まれた平穏な生涯をおくったに違いない。ところが安太郎が目付となった三年後、突如、二人の人生は大きく変転する。正確には慶応四年(一八六八)正月三日、鳥羽・伏見の戦いがはじまった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1602文字/本文:1890文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次