読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067315
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
津田梅子の留学

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 アメリカで十一年の留学生活を終え、日本に帰国した三人――日本初の女子留学生は十九歳の津田梅子と二十歳の永井(のち瓜生)繁子、二十三歳の山川(のち大山)捨松の三人であった(永井のみ、少し早い帰国)。

 明治四年(一八七一)、北海道の開拓を一手に任されていた、北海道開拓使次官・黒田清隆(薩摩藩出身)は、この年の正月、アメリカに渡り、西部開拓について学ぶとともに、農務局長のケプロンを顧問に招いたのをはじめ、すぐれた技術者の招聘(しょうへい)につとめた。

 このとき、渡米目的以外に、黒田の目に留まったのが、アメリカ女性の教養、社会的地位の高さであった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1878文字/本文:2152文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次