読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067320
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
社会的弱者にこそ――

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ところが、今度はそこへ会津戦争の戦禍が襲いかかってくる。

 岩子はこのとき、すでに四十歳になっていたが、臆することなく、戦火の中を負傷者の手当てや炊き出しに奔走した。戦後、疲れ切って喜多方に戻った彼女は、焦土と化した若松からこの地へ逃れてきた、多くの婦女子・難民と出会う。皆が、飢えと寒さにふるえていた。

 岩子にとっては、これが他人事には映らなかった。これまでの苦しかった生活が、思い出されたのであろう。彼女はわが家は無論のこと、近隣近在に働きかけて、被災者の衣食住の便宜を懸命に図った。病気のものへの手当ても、老人へなぐさめの言葉をかけることも、わが身の寝食を忘れて行い、奉仕したといってよい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2004文字/本文:2302文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次