読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067321
0
八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
碧眼の会津武士

『八重の虹〜新島八重と羽ばたく幕末明治の女性たち』
[著]加来耕三 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 本書第一章で、幕末の会津藩敗亡により、故郷の会津を離れた旧会津藩士の中には、アメリカに移住した者もいた、と述べた。

 その旧会津移民団の一つが、アメリカ合衆国カリフォルニア州エルドラド郡コロマのゴールドヒルに入植移住した、という話があった。この移住者たちの居住地は“若松コロニー”とよばれ、メンバーは二十から三十数名いたという。

 横浜―サンフランシスコ間を二十二日かけて、彼らは航海に出発した。太平洋航路である。この頃の出航は、月一回。茶と生糸の栽培、生産を、移民団はこの農場でめざした。

 率いてきたのは、ヘンリー・シュネルというプロイセン人であった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1767文字/本文:2043文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次