読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067431
0
学校では教えない日本史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
暗 殺◎源頼朝 落馬が死因と言われる源頼朝。しかし、建前を重んじる武家棟梁の死の理由としては摩訶不思議

『学校では教えない日本史』
[著]歴史のふしぎを探る会 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆不自然な史書の記録

 源頼朝(みなもとのよりとも)は、落馬が原因で死んだとされる。鎌倉幕府の公式記録といっていい『吾妻鏡(あづまかがみ)』に、「去る建久(けんきゅう)九年、将軍は帰り道で落馬し、ほどなく亡くなった」と記されているのである。

 しかし、腑に落ちないことが多い。頼朝は短躯ながらも力が強く、非常に用心深い性格だったという。屈強な武士、しかも武家の棟梁(とうりょう)である男が馬から落ちたくらいで死ぬものだろうか。当時の日本の馬は小型で、肩までの高さが一三〇センチほどだった。加うるに、将軍が落馬したなどと体裁の悪いことが、公式記録といえる文書になぜ残っているのだろう。

 不思議なことは、まだある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1833文字/本文:2136文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次