読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067495
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■無駄ではなかった安倍教育改革

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 臨教審から始まった新学力観は、さらにエキセントリックになってゆとり教育に行き着き、当時の薄っぺらな教科書を見て、ついに世間はその間違いに気づきました。それでも論争が始まった当初は、子どもの学力が低下しているから「ゆとり教育」をやめろと訴える論者と、低下している証拠はないという論者、低下してもかまわないという論者が入り乱れましたが、2000年代から始まったOECDの学習到達度テスト(PISA)の結果が芳しくなかったことで、論争は完全に脱ゆとり派の勝利に終わります。

 さらにタイミングのよいことに論争が終結した直後に、日本の国力低下を憂うる安倍晋三氏が総理になったことで、ゆとり教育は教育施策としても完全に終わりをつげ、脱ゆとり教育へと舵が切られることが決定したのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1678文字/本文:2014文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次