読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067498
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■なぜ「いまどきの若者は」と思ってしまうのか その3(企業の人気凋落)

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 第一の原因は本能に由来するので、全人類(特にオス)共通の感覚といってよいでしょう。ですから、古代人、例えばプラトンが『国家』の中でこれに類することを書いているようですが、本能と考えれば不思議ではありません。

 第二の原因は、ネオテニー進化説の真偽がどうであれ、日本のネオテニー文化に染まっている若者が、上の世代からすると子どもっぽく見えるのは全国共通の現象だと思います。しかも、彼らは新学力観、ゆとり教育の中で挫折感を知らないまま社会人になっていますから、幼児性万能観を多分に残しています。だからつい「いまどきの若者は…」と感じてしまう。これまた無理からぬことです。

 私は、これらに加えて一部の企業には特有の第三の原因があると考えています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1440文字/本文:1760文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次