読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067501
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■我々は「ゆとり世代」とどう向き合うべきか その3(採用方法の変革)

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 新卒一括採用を中心とする大企業の人材育成システムは、ネオテニー化する若者を採用して変化の激しい時代に対応するという点で優れていますが、採用スタイルは一層のバージョンアップが必要だと思っています。

 採用担当者が、前年とほぼ同様の学歴構成で採用した方が上層部に説明しやすい。そのために人気の落ちた企業は、同じ銘柄の大学卒の中でどんどん「使えない人材」を採用するようになる、というのはある種の合成の誤謬です。行動主体(人事担当者)というミクロレベルでの合理的行動が、全体(会社)を不合理な方向へと追いやる。合成の誤謬は、経済学でよく使われる概念ですが、個々の企業や官公庁の行動分析という視点からも有用な概念で、それが起きていないかをチェックすることは大切です。会社の人事システムに合成の誤謬が起きている場合、個々人に心得を説いても労力だけが多くなり効果はかぎられています。合成の誤謬が起きないように、個人の合理的行動と企業の合理性が結びつくシステムに変換してやる必要があるのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3110文字/本文:3548文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次