読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067507
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■ドイツ式分岐型にも戻れない

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 明治の元勲たちはこの点を認識していたのか、決してイギリスを模範として学校制度を組み立てようとはしませんでした。最初はフランスを模倣して、8つの大学区の下にいくつかの中学校区、その下に多くの小学校というシンプルな学校制度を作ろうとしました(学制:明治5年公布)。しかし、日本の実情に合わないと判断し、教育令(明治12年)、学校令(明治19年)と変遷を重ねて、明治の末頃に一応の完成をみました。変遷を重ねるほどにヨーロッパ大陸型の複線型学校体系へと形づくられていくのですが、これは小学校よりも上級の学校に進学したいという庶民の思いと、列強に伍するためには国民の能力向上が不可欠という明治政府の判断が合致したからだと思われます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1258文字/本文:1570文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次