読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067514
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■英語教育は大阪から変わるか

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 日本人はすべてがエリートである。少なくともエリートたる資格を持っている。私はこの点は間違いないと思っています。

 ただ、それで安心してはいけません。グローバル化が加速し、中国、韓国、インド、シンガポールなどが経済的に台頭する中で、日本に決定的に欠けているものがあります。それは、言うまでもなく英語力です。悔しいことに日本人は、世界の中で圧倒的に英語が苦手です。しかも、エリートほどその格差が大きいのです。この点だけは、「自分に多くを要求し、自分の上に困難と義務を背負い込む」という心意気ではどうにもなりません。

 日本のエリートが、英語が苦手であることがわが国の国益を損ねている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1422文字/本文:1711文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次