読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067524
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■「学習義務」「落第」「卒業延期」の厳しい現実

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 フィンランドという国家が国際社会の中で競争をしていることを教えることで全体のやる気を喚起し、国内においてはより高度な学習をした方が人生を有利に生きることができることが国民的なコンセンサスとなっている。この二つだけでも、日本の子どもよりはるかに勉強へのインセンティブが与えられていますが、フィンランドの子どもの中にも怠け者はいるはずです。
「国全体で競争? 知らないよ、そんなの。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:872文字/本文:1061文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次