読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067542
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■「学校教育=サービス産業」論のウソ

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 彼らの表面上の論拠は、「学校教育=サービス産業」論です。「学校教育=サービス産業」論は、新自由主義的なスタンスを取る論者が主張しており、一時期は教育委員会の役人たち(それを鵜呑みにする校長たち)の中にもこれを主張する人が大勢いました。私は学校教育の本質は「子どもを国民にすること」であり、従って「学校教育=統治行為」が基本だと思っていますが、「学校教育=サービス産業」という側面があることを否定しません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:942文字/本文:1145文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次