読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067546
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■ロックの宗教教育

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ホッブズは潔癖すぎる清教徒の恐怖政治から逃れるために亡命しましたが、その清教徒の家庭に生まれ育ったのがロックでした。そこで、次にアメリカ独立戦争にもっとも大きな思想的影響を与えたロックが宗教や教育について何と書き残しているかを見てみましょう。

 ホッブズが自然権という概念を認めながらも結局は絶対王政を擁護する思想に至ったのに対し、ロックは国家が国民の福祉に奉仕しないときには、国民は国家への信託契約を解除し政府を倒す権限があると考えます。

 それは次のようなロジックによって導かれます。自然状態にあるとき、人は基本的に自由ですが、世の中の人間は善人ばかりではないので、その自由は非常に危ういものです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1293文字/本文:1593文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次