読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1067561
0
なぜ日本の教育は間違うのか
2
0
0
0
0
0
0
教育
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■共産主義思想の変遷

『なぜ日本の教育は間違うのか』
[著]森口朗 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 19世紀半ばに共産主義者同盟という秘密結社の綱領として書かれた『共産党宣言』(マルクス=エンゲルス共著、1848年)は、世界中のインテリや若者に衝撃を与え、良心的な金持ちの子弟は罪悪感を覚え、野心的な貧乏人は勇気を得ました。その後、二人の著作によって共産主義思想は形づくられますが、彼らは思想界に大きな影響を与えたものの、現実の資本主義国家を倒すことはできませんでした。

 しかし、ウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフというロシア貴族の息子として生まれた一人の中年男により、共産主義思想は国家運営の理念として現実化します。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1967文字/本文:2227文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次