読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1067643
0
その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方
2
0
32
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 根拠なきダイエットは死期を早めるだけ

『その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方』
[著]高須克弥 [発行]扶桑社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
32
| |
文字サイズ



 一日に一食しか食べないで腹ペコにしておくと、若返って長生きできるとかいう、おかしな健康法が流行しているそうです。

 医師として申し上げます。

 そんなことは、ありえません。

 どんな健康法でも、人それぞれ自己責任において行う分にはいいでしょう。科学的な根拠がなくても、何かを信じ込むことで病気が快方に向かう──。そういうことは起こりうるかもしれません。

 ただし、他人に対して間違った健康法を喧伝するとなると、話は違います。大きな健康被害をもたらしかねません。『週刊新潮』(2012年7月12日号)に次のような記事が掲載されました。


「飢餓はワンダフル」ダイエットで餓死した16歳少女


 アメリカのジョージア州で16歳の少女が自宅で死亡しているのが発見されました。体重はわずか18キロ。娘を餓死させた殺人容疑で母親が逮捕された。その母親は「飢餓はワンダフル」という医師の教えに共感し、娘に少量の食べ物しか与えなかったと供述したのです。極度の飢餓状態は何年も前から続き、それを苦にして家出をした少女がスーパーで食べ物を盗んだところを保護されたこともあったようです。

 母親が信奉していた循環器医アンドリュー・チャンには「米国人の肥満の理由は単なる食べすぎ。食事の量そのものを減らして減量すれば、心臓病のリスクも低下する」との持論があり、「10倍飢えているとき、食べ物は10倍美味しくならないか? 食べ物が10倍美味しかったら、ワンダフルじゃないか」と言っていたと。

 栄養のことなど何も考えていない、恐ろしい医師です。提唱している内容もメチャクチャで、食べる総量を一日900グラムに抑えるよう推奨。カロリーではありません。グラムです。食べ物の水分も含む「重さ」900グラムというひどい“教え”でした。獄中の母親と面会した当のチャン医師は、自らの責任はまったく認めず、「彼女は、ストレスにやられているごく普通のシングルマザーだ」と言い放ったというのです。

 聖書の一節と絡めて、持論を正当化する彼とその教えを守る人々は、カルト──狂信者と呼ばれています。にもかかわらず、この医師は「誰もが素晴らしく飢えていると心から言えるようになることを願っている」と抗弁しています。記事は「『ワンダフル』とは程遠い狂気じみた世界だ」と結んでいますが、まったくそのとおり!

 医師は人の命を預かる仕事です。医師という肩書にすがり、命を預ける患者も世の中には数多くいます。本来、言うまでもないことですが、医師という職業人の責任は非常に重いのです。

 日本でも「お腹がグーッと鳴るのを楽しめ」と、同じような持論を展開する医師と、その誤った教えを熱烈に支持する人や、つい信じてしまう人がいます。

 困ったことにこうした誤った教えは、国が推進しているメタボ対策とも矛盾しません。健康なのに、ダイエットをする人もいる国ですから、「飢えてやせることはいいことだ」と何の疑いもなく実行してしまっている人もいるようです。

 もっとも、こうした「新」健康法は最近になって急に盛り上がりを見せたわけではありません。私が医師になった40年ほど前にも大ブームがありました。
「紅茶キノコ健康法」などに代表される、怪しい“健康食品”がその象徴でした。実際には食中毒の温床でしかない紅茶キノコをありがたがって飲み、病院に担ぎ込まれる被害者が続出したのです。

 わが家は愛知県の三河で、昔から地域に密着した医療に携わっています。私は「美容外科・高須クリニック」の院長を兼任していますが、もともと臨床医で、本業は一般の病気の人やお年寄りのお世話をし、地域密着型の医療を行う「医療法人社団福祉会高須病院」の理事長です。

 三十数年前、高須病院の副院長時代、被害者の蔓延を見かねて、啓蒙本『危ない健康法』をサンケイ新聞社出版局から出版してベストセラーになりました。

 その本を書こうと思い立ったきっかけが、おかしな健康法ブームでした。健康にとって害になるものや、何の意味もない食品や健康法が、当時次々と提唱されていたのです。

 その後、危ない健康法ブームは終焉し、あのおかしな時代は忘れ去られていますが、今の状況は危ない健康法ブームが盛んだった時代とそっくりです

 第二次世界大戦後、多くの医療従事者の努力の結果、日本人の栄養状態も健康状態も、大いに改善されました。今や日本は世界に誇るべき長寿国です。

 一方、飢餓や栄養失調による病人は、いまだに世界に溢れています。国民に十分な栄養を摂らせ、健康を維持させることは、国家として最大の責務です。少なくともその意味では、日本は成功モデルと言えるでしょう。

 もし「一日一食で腹ペコにすれば健康になり、長生きできる」という間違った理論が事実なら、常時ダイエット状態の北朝鮮は、美味しいものをたくさん食べている韓国より平均寿命が長く、見た目も若々しいはずです。

 しかし皆さんはご存じでしょう。ニュース映像などで報じられる、ガリガリにやせた北朝鮮の国民の悲惨な姿を。


体の健康は科学で保たれる。そして宗教は科学ではない


 数千年の長きにわたって、アジアの文明を牽引してきたのは、中国に成立した帝国でした。そして歴代の中国の皇帝たちが目指していたのは不老長寿。信奉したのは道教です。

 昔の日本の医師たちは道教に基づいた養生法を民衆に説き、その影響は現在にまで及んでいます。不老長寿を目指した道教の教えに出てくる神仙たちは、霞を食べて生活し鶴のようにやせ細っていると信じられていました。

 しかし、歴史的なデータからは、やせていた道教の信奉者たちの平均寿命が短かったことが読み解けます。

 宗教は科学でもなければ、医学でもありません。教祖の思い込みを信者が好意的に解釈し、訂正もせず持続させるものです。「不老長寿の秘訣として古来から行われている」と称する健康法の大半がおかしな宗教に毒された邪教とでもいうべきものです。あんなものは医学でも何でもありません。

 高須病院でも最近、「飢餓状態になると寿命が延びる」という嘘八百にダマされて健康を害した患者さんの来院が増えています。私は「なぜ、そんないい加減なことを信じてしまうのか」と悲しくなり、そうした間違った理論を喧伝する「医師」に対して怒りすら覚えます。
「飢餓遺伝子を目覚めさせると長生きできる」という説は、酵母や線虫のデータが基になっています。確かに、酵母や線虫は飢餓状態になると寿命が延びるというデータはあります。しかし改めて言うまでもなく、酵母や線虫と人間の生体のメカニズムは大きく異なります

 長寿国日本に暮らすからこそ、日本人は「長寿」への興味が強いのかもしれません。しかし間違った教えや情報に振り回されて、飢餓状態を善しとしたら、昔のように栄養失調国になりかねません。短命国に戻ってしまったら、苦労して栄養環境を整え、世界一の長寿国に育て上げた先人の努力が無駄になってしまいます。
「飢餓状態になると若々しくなる」というミスマッチ感も手伝って、「長生きできる新しい根拠!」ともてはやされた「サーチュイン遺伝子」はデータの取り方に致命的な誤りがあったと指摘され、現在では発見者もそのことを認めています。その遺伝子と長寿の関係は、あのセンセーショナルな報道から、何年もたっていないのに否定されました。

 日本人の寿命の延びは、動物性タンパク質の摂取量増加によるもので、その相関関係は、万人が認める事実です。一方、葉野菜や雑穀しか食べられない飢餓状態の国の国民ほど老化のスピードが早く、寄生虫による感染率が高いことも、世界中が認める事実です。
「医食同源」という言葉のとおり、医療の根源は食にあります。

 腹ペコになって若さと長寿が手に入るなんて幻想です。

 若さと長寿の秘訣は、美味しいものを食べ、楽しく暮らすことです。食べたいものを好きなだけ食べている私を見てください。

 一緒に人生を楽しみましょう!
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
32
残り:0文字/本文:3243文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次