読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1067701
0
その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
コーヒーはがん発生リスクを低下させる

『その健康法では「早死に」する これが高須式[若返る]食べ方・生き方』
[著]高須克弥 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 カフェインには覚醒作用を持続させる働きもあります。

 人間の体内には環状アデノシン一リン酸(サイクリックAMP)という物質があります。これが酵素(ホスホジエステラーゼ)の作用を受けて分解すると、とたんに眠気が襲ってくるのです。ところがカフェインは、このサイクリックAMP分解酵素に作用し、その働きを妨げます。その結果、覚醒物質であるサイクリックAMPはそのまま作用を保ち、覚醒状態が持続され、眠気に強い状態となるのです。

 カフェインと他の薬剤でのコラボレーションはがん治療にも応用されています。

 がん細胞のDNAには抗がん剤の攻撃を受けても修復するメカニズムがあります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1622文字/本文:1907文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次