読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1068048
0
可愛がられ力
2
0
17
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 いい印象を与えるひとは、ココが違う

『可愛がられ力』
[著]播摩早苗 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
17
| |
文字サイズ

◆やっていることは、とてもシンプル


 「可愛がられ力」とは、具体的に何ができる力かというと、「心からのコミュニケーションによって相手と信頼関係を構築する力」と言えます。


 もっと分かりやすく言うと、ひととの距離を縮める力、関係づくりをする力、懐に入れる力、とも言えるでしょう。


 あなたの周りにも可愛がられ力の高いひとは、意外に多くいるはずです。


 一例を挙げましょう。たとえば、こんな感じです。

・ 自分だったら叱られそうな場面で、「しょうがないヤツだなあ~」と言われつつも、なぜか先輩にいいアドバイスをもらえるAさん

・社内外の人脈から、たくさんの情報が集まってくるBさん

・ 普段は無口なほうだけれど、ここぞという場面では、勇気ある意見をバシッと言って、一目置かれているCさん

・ 口下手なのに、なぜか顧客に呼ばれるDさん

・ 目立つ社内プロジェクトで、上司に推薦してもらえるEさん


 彼、彼女たちに共通しているのは、相手にいい印象を与え、ひととして受け入れてもらえ、「また会ってもいいな」と思ってもらえるひとたちだということです。


 もし、このひとたちと「実力」はそんなに変わらないのに、関係づくりなどで違いが生まれるとしたら、その差は、可愛がられ力かもしれません。


 では、可愛がられ力の高いひととそうでないひとは、何が違うのでしょうか。


 それは、とてもシンプルです。


 秘訣の一つは、「コミュニケーションのスタート時」に相手を巻き込めること。


 そして、会話をスタートさせたあとに信頼関係を築くためのコミュニケーションを続けられることなのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
17
残り:0文字/本文:664文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次