読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1068289
0
インテリジェンス人生相談 復興編
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
相談20●戻ってきた妻とうまくいかず悩んでいる

『インテリジェンス人生相談 復興編』
[著]佐藤優 [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 

 昨年1月、妻に突然離婚を言い渡され、妻は幼い子供と出ていきました。何度か戻ってくるように交渉を続けましたが(離婚に至るほどの理由が出てきません)、4月に離婚調停に踏み切られました。私は友人の協力を得て、妻の素行調査を行いました。すると妻が勤めていた、会社の同僚(男)の部屋に居候していることがわかりました。その後、不倫の証拠も挙がりました。証拠を掴んだうえで、交渉を再開すると、調停を取り消して自宅に戻ってきました。しかし、戻ってきた今でも妻とはうまくいっておらず、妻には反省の色が窺えません。また私自身で相手の男とはまったく交渉をしていません。そのため、これから相手を告発するか悩んでいます。佐藤先生ならどうしますか?

    Navex(ペンネーム) 37歳 男性 会社員

 

 
回答20●訴えると、奥さんは相手の男に傾いていく

 

 離婚は、結婚と比較すると2倍以上のエネルギーがかかります。それは、結婚が相互信頼の論理によって進むのに対して、離婚では相互不信の論理で激しい応酬が展開されるからです。私も離婚歴があります。前妻の人格がよかったので、修羅場にはならなかったのですが、あまり思い出したくない経験です。

 まず、あなたの家庭が不幸であるということを冷静に認識することです。レフ・トルストイは、『アンナ・カレーニナ』の冒頭でこう言っています。
〈幸福な家庭はすべて互いに似かよったものであり、不幸な家庭はどこも不幸のおもむきが異なっているものである〉

 Navexさんも、奥さんも、子供も、ほかの家族とは異なる不幸を背負っているのです。奥さんが離婚調停を取り消したのは、あなたへの愛情が戻ったからでなく、あなたが探偵を雇って行った素行調査の結果、奥さんの不貞が明らかになったからです。奥さんの側に不貞があり、あなたが夫婦生活を裏切るような行為をしていないならば、家庭裁判所が離婚を調停する可能性が低いと奥さんは冷静に計算したからです。

 現在、奥さんとセックスをしているでしょうか。セックスレスの状態ならば、まだましと思います。奥さんが、あなたが迫ってくるので、いやいやセックスをしている状態が続いている場合は、いつか奥さんが大爆発します。最初は奥さんが、家庭を崩壊させないように努力します。ところが、あるとき「もう嫌だ。こんな生活とは訣別する」と決断すると、奥さんは梃子でも動かないくらい強い意志を持つようになります。ちなみに協議離婚でも、調停離婚でも親権は母方に行くほうが圧倒的に多いです。そうなると子供が成人するまで、面会が認められなくなる可能性が出てきます。

 Navexさんは、〈戻ってきた今も妻とはうまくいっておらず、妻には反省の色が窺えません〉とおっしゃいますが、奥さんが反省しないのは、悪いことをしたと思っていないからです。奥さんが付き合っている男性に、不倫を理由に損害賠償訴訟を起こすことは可能です。しかし、訴訟を起こせば、奥さんの気持ちは、一層、相手の男性に傾いていくことになると思います。人間の心理とは面白いもので、あなたが奥さんを追い込もうとすればするほど、離れていくのです。

 まず、離婚する腹を括ることをお勧めします。そして、あなたたち二人のことではなく、今はまだ幼い子供さんの幸せのためには、どのような選択が最善か、誠実に話し合うことです。あなたたち二人の間に、天が定めたご縁が少しでも残っているのならば、誠実な話し合いから、もう一度二人で再建するという気持ちが出てきます。そうでないならば、離婚して第二の人生を始めるほうが、あなたにとって幸せだと思います。憎しみ合う状態で生活を共にすることはよくありません。

 

 
【参考文献】
『アンナ・カレーニナ』
レフ・トルストイ(木村浩訳) 新潮文庫

 
'72年刊。官僚としての体面と世間体を重んじる夫の冷酷な態度に苦しみながらも、アンナはヴロンスキーとの破滅的な愛に身を投じていく……
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1628文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次