読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1068513
0
嘘だらけの日米近現代史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二節 かたちばかりのモンロー主義

『嘘だらけの日米近現代史』
[著]倉山満 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 建国神話、というか歴史の捏造と記憶の改変はとどまるところを知りません。「アメリカは建国当初からヨーロッパが束になってかかってもかなわない大国だった」というのです。こんなイメージで語るから日本人のアメリカ・コンプレックスが改まらないのです。

 確かに現在の経済規模などはEUよりアメリカのほうが大きいですし、世界最大の軍事力を保有していますが、別にアメリカだって最初から大国だったわけではありません。独立にしてもフランスをはじめヨーロッパ諸国の後ろ盾があったから可能だったのです。

 ところが通説は全然違うことを言います。

[通説]
ジョージ・ワシントン以来、ヨーロッパの権謀術数と距離を置くことがアメリカ外交の伝統だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2146文字/本文:2454文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次