読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1068890
0
やられっぱなしで終わらせない! ことばのゲリラ反撃術
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 知識自慢のあの人をしどろもどろにする方法

『やられっぱなしで終わらせない! ことばのゲリラ反撃術』
[著]ゆうきゆう [発行]すばる舎


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

◆「そんなことも知らないの?」


 この情報あふれる現代社会。「何かを知らない」ということは、恐ろしいほどに分かりやすい攻撃材料。


 たとえば想像してみてください。


 あなたが病院にかかっていて、あるとき別の医者に変えたとします。


 そんなとき、今までに飲んでいた薬の名前を言い、「何の薬か知っていますか?」と聞いたとしましょう。


 このとき、その医者が、「分からない」と言ったとします。


 その瞬間、あなたはそのドクターに対して、心の中で、


 「この医者、大丈夫…?」と思うのではないでしょうか。


 こういうのは、専門職に限りません。


 たとえばあなたの友達が、


 「北海道って、どこにあるの?」


 「アメリカの首都って、イギリス?」


 と言ったらどうでしょうか?


 その人がよっぽど美形だったら「かわいいとこもあるんだなぁ」くらいに思うかもしれませんが、たいていは、つい(さげす)んでしまうはずです。


 「何かを知らない」というのは、恐ろしいほどに、その本人のイメージを下げ、周りの人に強いマイナスの気持ちを起こさせるのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:3345文字/本文:3796文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次