読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1069070
0
保守の本分
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●右翼と保守主義の違い

『保守の本分』
[著]noiehoie [発行]扶桑社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 保守と右翼なるものは、明確な相違を見せつつ、かつ不可分なところもあり、なかなか説明がしづらいところがあります。ここで、戦前の二人の思想家、北一輝と安岡正篤を対比してみたいと思います。その対比によって、その違いがおぼろげながらも見えてくるかもしれません。

 北一輝は二・二六事件の理論的指導者として知られ、そのイメージから軍国主義時代の右翼の大物と誤解する向きもありますが、実像はまったく異なります。
『日本改造法案大綱』を著した北一輝には、あくまでも「自分が作りたい世の中」の理想像がありました。そして、その理想は、極めて端正なヨーロッパ型の古典的な社会主義社会であり、したがって、その理想を追い求めると、必然として革命にならざるを得なかったのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1538文字/本文:1862文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次