読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1069076
0
保守の本分
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●保守主義者は何を保守するのか

『保守の本分』
[著]noiehoie [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 レジティマシー(正統性)という言葉に則れば、今日私たちが準拠しているすべての法律を突き詰めていくと、その源は明治時代の「五箇条の御誓文」に求めざるを得ないと思います。保守主義者としては、当然そういう考え方をするわけです。
「五箇条の御誓文」の成り立ちは何かといえば、天皇陛下が皇祖皇霊にお誓いになった約束ということになります。あそこで明治天皇が皇祖皇霊に誓ったところで、日本における名誉革命はいったん終了を見て、その一連の流れの成果として明治憲法ができました。その後、不幸な戦争に負け、明治憲法を書き換える必要が出ます。その時の根源となったのも、実は「五箇条の御誓文」なのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2425文字/本文:2714文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次