読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1069574
0
戦後七十年の真実
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
果たして日本は侵略をしたのか──(2)満洲に安定をもたらした満洲国の建国

『戦後七十年の真実』
[著]渡部昇一 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 また九カ国条約では確かに「中国の自主性を認めよう」ということが決まりました。しかしこの条約には期限が定められていませんでした。そのうえに条約に入らなかったソ連が強力な武力を東アジアに集中させ始めるという重大なる状況の変化がありました。


 さらに加えて、シナ自体がこの条約を全然守りませんでした。たとえば「ボイコットをしない」とか「外国人の安全をおかさない」ということも約束したのですが、それは全然守られないどころか、軍備の増強もしています。


 期限を決めない条約で、しかも状況に重大なる変化があれば、これから退いても別に条約違反にはなりません。そういう目で見ますと、どういうことになるでしょうか。


 まず一九一一(明治四十四)年に辛亥革命というものが起こりました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2536文字/本文:2866文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次