読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1070229
0
男の子を伸ばす母親は、ここが違う!
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
13 親の会話力が、子どもの国語力を引きだす

『男の子を伸ばす母親は、ここが違う!』
[著]松永暢史 [発行]扶桑社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 これまでも繰り返し述べてきましたが、文系・理系にかかわらず学校での授業・テストはもちろん、進学塾で使用するテキスト、そして最終的な受験に至るまで、一部の学校を除いてすべての問題は日本語で書かれています。そして、解答欄に記入するのも日本語、大学入試での小論文も、もちろん日本語で書かなければなりません。これはどんなにたくさんの漢字を覚えていても、またどんなにたくさんの公式を覚えていても、そこに書かれていることが正確に理解できないと正解に至ることはできないことを意味しています。

 国語力がなければ、すべての教科の勉強ができるようになるわけがない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1995文字/本文:2268文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次