読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1070326
0
お別れ作法 〜モメる男、好かれる男の境界線〜
2
0
11
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
離婚する気ゼロの男と結婚願望ありの女

『お別れ作法 〜モメる男、好かれる男の境界線〜』
[著]さかもと未明 [発行]扶桑社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
11
| |
文字サイズ


 あなたはある意味とてもよくできる男なのだと思います。

 大企業の会長だとか、大地主の息子だとか、好き放題してもなんら社会から放擲されることのない男たちでないのなら、離婚は出世の妨げであり、なんの得もないとわかっている。

 結婚と恋愛を分けることのできるあなたなら、もうすでにちゃんとした女と遊んでいますよね。すでに彼女も社会的に立場があって、あなたの会社に怒鳴り込んできたり、奥さんにストーカー電話をかけたりしても何の得もないとわかっているタイプの女ならなんの心配もありません。

 当然あなたも常に「うちの妻は〜、娘は〜」と家族自慢などして、相手から自分を守る包囲網をつくっているはずです。

 あとはその恋を長引かせないこと。
「飽きたかな」と思ったら自分の心に節度をもち、少しずつ相手の将来を思いやる言葉を連発していきましょう。

「結婚はどうするんだ?」
「いい値段で売れるのは、なんだかんだで30前だよ。子供を丁寧に育てたいなら、ちゃんとした男と組んで、戦略的にやることだ」

 と、ある程度階級が高い男の正妻に収まった女たちの戦略について、少しずつ教えてやること。
「ちゃんとした男、地位と収入のある男は、いつまでも『働きたい』などと呑気なことを言っている女になど興味を示さない」
「一生女が正社員で働いても生涯賃金は2〜3億円がいいとこ。しかも夫も子供ももてないケースが多い。それより3億円の資産がついている男について3億円稼がして、夫に手伝ってもらって子供を育てた方が得だよ。そしたら半分の労力で倍のものが手に入る。4倍お得だね」

 などと教えてやり、会社で生き残っていく上での大変さを語って恐怖感を植え付け、むしろ女は妻として生きていく方がお得、と洗脳してしまいましょう。

 鞄や貴金属など買い与えたときには、妻にはもっと高額なものを与えていることをさりげなく自慢。資産のある男というものは、妻に与える分には自分の資産が増えるだけだから惜し気なく金を使うが、愛人にはそんなに与えないんだよーん、と愛人の立場のデメリットを教えてあげるのが良いでしょう。そうすれば彼女はいつの間にか「医者・弁護士、年収1千万円以上限定お見合いパーティー」などの会員になり、「今までありがとう。あなたを愛しているけど、やっぱりこれ以上そばにいると、迷惑をかけると思うの」と言い出すはずです。

 そのときは「これで最後だ、幸せになりなさい」と、100万円くらい包んであげるといいでしょう(10万円だったらあげない方がましです。結婚式のご祝儀じゃないんだから)。

 あくまでスマートに、別れ際ほどお金は惜しんではいけません。あまり少ないと「もっとちょうだい」と300万円くらい取られますし、1000万円もあげてしまうと、また舞い戻って来ちゃうかもしれません。

 逆に、もし一生彼女を買い殺しておきたいなら、妻より高いものを買い与え、「結婚してもつまらんよ。ケチな男と結婚して貧乏に耐える生活がいいなら、いくんだな」と脅せばいいわけです。

 ただし、一生面倒見るならともかく、3040歳になって飽きたときは大変です。
「わたしの一生をあなたがメチャメチャにした! 適齢期を逃した!」と、怒鳴り込まれて千万から億単位の手切金が必要になると面倒ですから、2526歳くらいで別れておくこと。とにかく相手の金銭感覚を肥大させないことが一番です。


 ただ、できる男というのは、妻に愛人の存在を認めさせ、愛人と妻を引き合わせるくらいの離れ業も使います。

 妻としても愛人と再婚されて財産根こそぎ取られても困りますし、あまりうるさく浮気を咎めて夫に愛想を尽かされてもたまりません。

 その辺は妻もよくできたもんで、「あなたも早く結婚できるといいわね」「やっぱりいつまでも不倫してちゃダメよ」と諭し、「あ、うちの主人は脅しても無駄だから。わたしが全部知っているから。千万単位の慰謝料なんか請求したら、弁護士つけて、あなたからお金取りますから。もらえるだけで満足しておくのが「分相応」よ」と夫と二人でタッグを組んで、財産保護のための脅しの臨戦態勢に入ったりします。大人の世界って素敵ですね
「もう妻とは終わってる」なんて言いながら、いざ財産のためとなると、夫婦って物凄く信頼できる戦友になったりするんです。

 こういうのを見ると女は「やっぱり結婚しとかないとダメだわ」と諦めるってもん。離婚しないで恋を楽しむためには、妻を味方につけておくことはとても大切なんですね

 もちろん愛人と上手に別れさせてもらったあとには、奥さんに大島紬くらい買ってやりましょうね。

 ここまでのお金がない方でも、妻が「あなたと離婚しない方が得」と思うだけのお金を渡していて、まあまあの世間体を保てるだけの地位があるなら、多少モメても大丈夫。

 バレないのが一番ですが、バレたら妻に「何があっても離婚はしない」と宣言しておくことです。前にも言いましたが、銃後の守りをしっかりして戦うのができるやり方。
「浮気くらい当たり前。嫌なら出ていっていいよ。俺より条件のいい男をつかまえられるならね」と居直らなくてはいけません。

 てゆーか、そのくらいできなくて、浮気なんかするんじゃないよ!!


 〈追記〉

 ただし奥さんのもってる持参金や財産など、妻のバックの方がでかい男は大変ですよね。いわゆる逆玉にのった男です。

 この場合はバレたくないでしょうが、万一バレたら奥さんに全部告白して、守ってもらうといいでしょう。相手の女との交渉も女房にやらせるのが一番です。これが一番安く済みます。妻は慰謝料を払うどころか、取れる立場ですから。それで「本当にあなたはダメな男ね! ほら、舐めなさい」なんて言われることだけ我慢していればオッケーなんですもの、なんて楽なんでしょう。女は「結局はこの人はわたしでないとダメなのね」と思えば納得してくれたりするもんです。ただしこれも何回も使えませんから、三下り半を突き付けられないようにうまくやってください。

 いずれにせよ、結婚願望のある女に対しては「何があっても最後は妻」ということをちらつかせていれば、「わたしも早く誰かのオンリーワンにならなくちゃ。こんなとこでモメてる場合じゃないわ」と思ってくれます。「最後は妻」ということをぶれさせないのが一番。そして万一のときは妻にバレてもいい、妻を味方につけて戦うということを決めておけば大丈夫です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
11
残り:0文字/本文:2627文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次