読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1070557
0
時代劇をみるのがおもしろくなる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・鯛の天ぷらにあたって死んだといわれる徳川家康、じつは胃ガンが原因だった!?

『時代劇をみるのがおもしろくなる本』
[編]歴史のふしぎを探る会 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 織田信長の本能寺(ほんのうじ)の変での最期や、秀吉が息子秀頼(ひでより)と豊臣家の行く末を案じながら死んでいく場面は、何度も映画やドラマになっているが、徳川家康の死の経緯は、あまり映画やドラマではクローズアップされていないようだ。徳川幕府はすでに確立し、家康の死が世の中の動きに大きな変化をもたらさなかったからだろうか。

 家康が死んだのは、一六一五(元和(げんな)元)年の大坂夏の陣から一年後、一六一六(元和二)年四月十七日、享年七十五であった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:884文字/本文:1108文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次