読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1070594
0
時代劇をみるのがおもしろくなる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・大家のOKが出なければ結婚もできない! 店子と大家の深〜い関係

『時代劇をみるのがおもしろくなる本』
[編]歴史のふしぎを探る会 [発行]扶桑社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 長屋に住む人にとって、一番頼りになる存在が大家である。時代劇では、「大家といえば親も同然、店子(たなこ)といえば子も同然」というセリフを聞くことも珍しくないが、まさに大家は親同然。いや、大家と店子は親子以上に密接な関係だったといってもおかしくない。

 現代で大家といえば、賃貸住宅の持ち主のことだが、江戸時代の大家は、家守(やもり)とか家主(やぬし)とも呼ばれ、実際の持ち主に雇われて長屋を管理する人のことだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:794文字/本文:1001文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次