読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1070633
0
時代劇をみるのがおもしろくなる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
・颯爽と走る騎馬軍団、でも実態はポニーの群れだった!?

『時代劇をみるのがおもしろくなる本』
[編]歴史のふしぎを探る会 [発行]扶桑社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 戦国時代を舞台にドラマや映画を制作するなら、馬は画面の華やかさを演出するうえで欠かせないアイテムである。甲冑をまとった武将を乗せて敵へ突進し、山野を駆け回る姿は、颯爽(さっそう)としていて迫力がある。

 ところが、あの姿は真っ赤な嘘。戦国時代の馬は、テレビや映画で見るよりはるかに小さかったというのである。

 ドラマの中で武将を乗せて駆け回っている馬は、どれもサラブレッドかアラブ種といった西洋馬で、競馬で走っている馬と同じ種類である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:758文字/本文:975文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次