読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1070724
0
大坂の陣・人物列伝「福島正則・加藤清正と秀吉恩顧大名」
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
乱世を舞台に異例の出世

『大坂の陣・人物列伝「福島正則・加藤清正と秀吉恩顧大名」』
[著]永岡慶之助 [発行]学研


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 大坂の陣の際、(ふく(しま(まさ(のりは、江戸にいた。日頃、(ほう(恩顧の臣を口癖のようにした(おとこが、豊臣家存亡の危機に臨んで、どうして(はるかな地にあって歯ぎしりするような思いを味わわねばならなかったのか。この漢の生涯、まさに戦国武将の一典型を見る思いがしてならぬ。


 世に「襁褓の頃より(やしのうた」という言い様がある。「襁褓」は「むつき」と読み、「おしめ」の意。つまり、まだ「おしめ」をしている幼児より育てたとのことだが、幼名を(いち(まつ(とら((すけと称した子供の頃から、豊臣秀吉の夫人おね(しつ(に養育された市松の福島正則や虎之助の加藤清正らが、まさにそれであったといってよかろう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1275文字/本文:1595文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次